スポンサーリンク

白鳥世明 顔画像Facebook経歴!自称なぜ?慶應大学教授が下着泥棒!

ニュース

慶応義塾大学の教授が下着を盗んだとして逮捕されています。

逮捕されたのは白鳥世明(しらとりせいめい)容疑者です。

報道によれば、市川市内に住んでいる女性のアパートベランダから下着を盗んだとか。

現在は容疑を認めているとのこと。

顔画像やFacebookについて見ていきます。

 

スポンサーリンク

白鳥世明 顔画像やFacebook

報道されている情報から、簡単に白鳥世明(しらとりせいめい)容疑者のプロフィールをまとめていきます。

白鳥世明容疑者の画像はこちらです。

出典:https://www.st.keio.ac.jp/

名前白鳥 世明
年齢 56歳
住所 千葉県市川市大洲4丁目
職業 慶応義塾大学教授
容疑 窃盗

逮捕容疑は窃盗とされています。

市川市のアパート1階のベランダに干してあった30代女性のブラジャーとパンツ(時価計400円)を盗んだ疑いとのこと。

犯行を行った際に女性が気づき、逃げたところを逮捕された様子。

 

スポンサーリンク

白鳥世明 逮捕の事件の詳細は?

事件の詳細はこちらです。

千葉県市川市で17日、アパートのベランダから女性用の下着を盗んだとして、自称・慶応義塾大学の教授が逮捕された。

窃盗の疑いで逮捕されたのは、自称・慶応義塾大学教授の白鳥世明容疑者。警察によると、白鳥容疑者は17日午後2時すぎ、市川市内のアパートで、38歳の女性が住む1階の部屋のベランダに干してあった女性用の下着、上下あわせて2着を盗んだ疑いがもたれている。

部屋の中にいた女性の夫が気づき、逃走する白鳥容疑者を数百メートル追いかけて捕まえたという。

警察の調べに対し白鳥容疑者は、「干してあった女性用の下着を盗んだことについては間違いありません」と容疑を認めているという。

慶応義塾大学のホームページによると、この名前の人物が2014年から理工学部の教授を務めている。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

白鳥世明 経歴は慶応義塾大学の理工学部の教授

さて、経歴について見ていきましょう。

白鳥世明容疑者は慶応義塾大学の理工学部の教授を務めていたところがポイントですね。

具体的には物理情報工学科、総合デザイン専攻でマテリアルデザイン科学専修とされています。

研究内容は以下の様子。

白鳥研究室ではバイオミメティクス(生体模倣)を基本としてウェットプロセスを用いたナノテクノロジーをコアとした表面、界面物理・化学の研究に力を注いでいる。

有機エレクトロニクスの分野を中心にアンモニアガスセンサ,口臭センサ、フレキシブル透明電極,撥水・撥油コーティング、機能性薄膜、食品包装、ナノ粒子・ナノファイバーによる環境浄化、油水分離、ウェアラブルデバイス等のエネルギー・環境関連の研究開発を行っている。

出典:https://www.st.keio.ac.jp/

また、Wikipediaにも経歴が掲載されている様な人物であり、たくさんの論文を発表されています。

ざっと経歴を記載していきます。

 

1963年(昭和38年)に生まれた。

1983年 早稲田大学にて理工学部の電子通信学科にて学ぶ。

1989年 東京工業大学の大学院にて工学研究科の電気電子工学専攻を学ぶ。

また、大学院在学中に「微小孔脂質系に現れる電位自励振動現象」と題した博士論文を執筆。

1992年(平成4年)3月には大学院における博士課程を修了した。

1992年(平成4年)4月から1994年(平成6年)3月まで千葉大学の工学部で助手として勤務した

1994年(平成6年)4月、慶應義塾大学に転じ、1997年3月まで理工学部の講師を務める。

その後、アメリカで1997年から1998年 3月までマサチューセッツ工科大学に客員研究員を務める。

日本に帰国後、2000年(平成12年)4月に慶應義塾大学にて理工学部の助教授に就任。

その傍ら、2002年(平成14年)3月に、大学発ベンチャーとして白鳥ナノテクノロジーを設立した

2003年(平成15年)4月に株式会社化しており、その後SNTに改組。

准教授を2013年(平成25年)3月まで務め、2014年(平成26年)4月からは理工学部で教授を務めた

スポンサーリンク

事件発生現場について

今回の事件が発生した現場は千葉県市川市のアパートとだけ公開されていますね。

白鳥世明容疑者の自宅が市川市大洲4丁目とされているので、その付近の可能性が高いでしょう。

ちなみに、千葉県市川市大洲4丁目はGoogleMapではこのあたりです。

 

 

スポンサーリンク

白鳥世明 逮捕の事件について一言。

今回の事件はいろいろと理解に苦しみますね。

何故このような犯行を犯してしまったのでしょう。

教授という地位があり、なおかつ有名な人物であるにも関わらずです。

 

このような事件を起こしてしまっては、

仕事も地位も全てが無くなってしまいそうですよね。

 

事件が発生したのは17日の午後2時ごろとされていますね。

ということは、真昼間から下着を盗んだということになります。

1階に干している女性も多少不用心には思いますが、それはさておき。

 

ついなんとなく…ということでやってしまったのでしょうか。

となれば、これまでの余罪についても気になるところ。

 

スポンサーリンク

白鳥世明 動画がYOUTUBEに

YOUTUBEを検索してみると、研究室に関する様々な動画がありましたので、掲載しておきます。


一見すると、普通の人物であるように思いますし、学生も真面目に研究を行っていますね。

このような事件があると、慶応義塾大学の学生さえも、大丈夫だったのか?と、不安になりますね。

 

また、今回の事件によって、退職を余儀なくされるかと思います。

白鳥研究室も消失する可能性が高いでしょう。

となれば、抱えていた学部生や院生は他の研究室に移るのでしょうか?

何とも悲惨な出来事になりそうです。

スポンサーリンク

白鳥世明 逮捕にネットの反応は?

以下はネットの反応です。

 

この人の名前を検索すると
慶應義塾大学理工学部教授ででてきますね
自称じゃなくて本物でしょうね

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

時価や下着の写真公表したりするのは被害者に許可とるべきだと思う
日本て被害者のプライバシー配慮しないけど外国もそうなのかな

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

職業は大学教員と明言されていて、慶応大学教授は自称というのは面白い。
職業は自己申告で、所属は所属先の確認が要るってことか。

昔、西崎義展さんが逮捕された時の「自称映画プロデューサー」も変だったが、所属企業がある訳でないから、自称としか言いようがなかったのかな。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

せっかくの地位と名声を築き上げてきたのに。最後は下着泥棒で終わりですか。
残念ですね。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

ファッ⁈
以前学会の懇親会で話したことあるんだが。
知人が逮捕されると驚きます。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

窃盗の被害者が「30代」だとか盗まれた下着が「時価計400円」だとかいう情報は必要なのだろうか。いや楽しいからいいけど。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

研究室紹介のYou Tube動画を見ると、撥水加工の素晴らしさを、分かりやすく説明されていて、好感が持てたのだが・・・。日本の科学技術発展のために、罪を償って、出直して欲しい。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

スポンサーリンク

白鳥世明 自称はなぜ?

では、白鳥世明容疑者について、大学教授であることはネットを見れば明らかなのですが、なぜ自称という呼び方がついてしまうのか。

気になったので調べてみると、このような投稿がありました。

記事にするにあたり容疑者の住所・氏名・年齢・職業は基本データとして必要な情報だという。職業の自称○○はその職業による収入は関係なく、本人の言っていることを警察や記者が事実確認を取れなかった場合に表記されるらしい。実際には容疑者は警察に拘束されているので警察発表の段階で「自称○○」ならば、警察はウラが取れていないということ。記者取材でも確認が取れなければ「自称○○」という記事になる。

出典:https://www.excite.co.jp/news/article/00091121160793/

どうやら、警察もウラが取れていない様子。

日曜日だったので確認することができなかったのかもしれませんね。

 

とはいえ、これだけネット上に確認要素があるのに、勤務先が休みだったりする場合は、その時点で就業の有無や仕事の実態を確認できていないということになるので、職業には自称がつくようです。

大学は日曜日は休みですもんね…

 

コメントはこちら

  1. その後犯人は懲戒免職になったのですか?

タイトルとURLをコピーしました