スポンサーリンク

岩田知之の顔画像や経歴は?”カニ缶”万引きで警察幹部が逮捕

ニュース

2019年12月10日、山形警察署の警視が万引きの現行犯逮捕されました。

現行犯逮捕されたのは、岩田知之(いわたともゆき)容疑者です。

しかも、勤務中に逮捕されたという驚きのニュースです。

岩田容疑者の顔画像や経歴を見ていきます。

スポンサーリンク

岩田知之の顔画像や経歴は?”カニ缶”万引きで警察幹部が逮捕

報道されている情報から、簡単に岩田知之(いわたともゆき)容疑者の

プロフィールをまとめていきます。

岩田容疑者の画像はこちらです。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp

名前岩田 知之(いわた ともゆき)
年齢 49歳
住所山形県山形市上桜田
職業山形警察署 警視
容疑 窃盗の疑い

逮捕容疑は、百貨店の食品売り場で、

カニの缶詰など5点(約1万3000円相当)を盗んだ疑いです。

スポンサーリンク

岩田知之逮捕の事件の詳細は?

事件の詳細はこちらです。

山形県警の警察官が、あるまじき行為。

1つ5,000円以上する高級カニ缶などを、勤務中にデパートで万引きして現行犯逮捕された。

岩田知之容疑者(49)「安全を確実に確認してから、交差点に進入していただきたい」

窃盗の現行犯で逮捕されたのは、山形県警の警視で、山形警察署の交通官の岩田知之容疑者(49)。

警察によると、岩田容疑者は9日午前11時すぎ、山形市内のデパートで、1つ5,000円以上する高級カニ缶など5点、およそ1万3,000円相当を万引きした。

警備員が目撃し、店の外に出たところで声をかけたが、岩田容疑者は逃走した。

およそ20メートル逃げたところで、通行人などに取り押さえられ、通報で駆けつけた警察官が現行犯逮捕した。

岩田容疑者は、犯行前に交通安全に関する講習をしていて、スーツ姿で犯行に及んでいた。

岩田容疑者は、「なんでそんなことをしたかわからない」といった趣旨の供述をしているという。

(さくらんぼテレビ)

出典:https://headlines.yahoo.co.jp

 

スポンサーリンク

動機について

岩田容疑者は、事件を起こす前に、山形市内で交通安全に関する講習を行っていて、

警察署へ帰る途中、立ち寄った百貨店での犯行だったようです。

なぜ、勤務中に百貨店に立ち寄る必要があったのでしょうか。

万引きしたのは、1個5000円相当のカニ缶個や、牛タンの大和煮の缶詰、

パセリや、チーズなどだった事がわかっています。

ずいぶん豪華な缶詰ですね、何かパーティーでも行う予定だったのでしょうか。

取り調べに対して、「なんでそんなことをしたかわからない」といった趣旨の

供述をしているそうです。

スポンサーリンク

事件発生現場について

今回の事件が発生した現場はこちらのようです。

〒990-0042 山形県山形市七日町1丁目2−30

大沼 山形本店


近くには、多くの商業施設や、飲食店が立ち並ぶ繁華街のようです。

更に、山形城跡地等の歴史のある地域だったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

岩田知之の経歴は?

岩田容疑者は、1990年に山形県警に採用されていました。

山形県警山形警察署の交通官で、警視として現職の警察官です。

以前は、山形県警本部で交通指導課の課長補佐を務めていたり、

山形警察署の交通1課長を務めていた経歴がありました。

これまでに懲戒処分を受けたことはないそうで、勤務態度に問題はなかったようです。

警視ということは、幹部警察官に入るのではないでしょうか。

せっかく警視まで登りつめたのに、万引きの現行犯とは情けない話です。

スポンサーリンク

岩田知之の今後の対処は?

百貨店の警備員が、岩田容疑者の万引きを目撃し、店外に出たところで声をかけました。

その時、岩田容疑者は逃走したそうです。

逃げ切れる、もしくは誤魔化せる、とでも思ったのでしょうか。

現場となった百貨店から、約20メートル逃げたところで、通行人などに取り押さえられ、

現行犯逮捕に至りました。

現場に駆けつけて、現行犯逮捕をした警察官も、とても驚いたことでしょう。

県警の那須首席監察官は、

「幹部警察官が勤務中に窃盗行為を行ったことは申し訳なく、

被害者と県民の皆様に深くおわびを申し上げる。

県警として捜査を尽くし、原因を明らかにするとともに、再発防止に万全を期す」

とコメントしています。

しっかりと原因が解明され、厳しい処分が下されることでしょう。

スポンサーリンク

岩田知之逮捕にネットの反応は?

以下はネットの反応です。

 

是非警察は押収した被害品を公開して欲しい。
叩き上げの49歳警視はエリートですよね。
そんな彼が今までのキャリア、家族、人望、人間としての尊厳と人生を掛けても食べたかった味とは。

これは人気が出そうです

出典:

 

49歳で警視。
県警の超エリートです。
カニ缶も買えます。キャビアも買えます。
恐らく精神的な病です。
こうなる前に誰かに相談できなかったのかなと思います。

出典:

 

若年性痴呆か、躁鬱の可能性あり
これから診察を受けるのでしょうが
そういう場合でも、一度出ちゃった名前は消せないな~
全国の警察、消防、自衛隊など数百人に一人の確率で起きる病気
これは、しかたがないよ

出典:

 

階級が一つ上がって警視正になれば所長になれたかもしれないのに。
よほどのカニ好きか、緊張感を味わいたかったからか。

出典:

 

やべーな。
普段は表面を被っていたのだろう。
裏面を隠して。
こわっ。
嫁や子供 可哀想に。遠くに引っ越しやな。

出典:

 

「何でそんなことをしたかわからない」
カニ缶が欲しかったのではないでしょうか?
ボーナスで買えば、家族も大喜びしたことでしょう。

交通安全講習の前に、警察官としての基本講習が必要かと思われます。

出典:

 

破格の退職金貰って交通安全協会に天下って楽々…。の人生を棒に振ってまでカニ缶食いたかったのかな?

あと奥さんは離婚届書いてると思う。

出典:

 

スポンサーリンク

おわりに

警察の不祥事のニュースです。

警視まで登りつめたのに、カニ缶の万引きとは情けないお話です。

これまでの人生を棒に振ってまで、カニ缶が食べたかったのでしょうか?

警視という立場ですから、お給料で買えたのではないでしょうか。

警察の不祥事は無くなりませんね。

再発防止にしっかり取り組んでいただきたいものです。

コメントはこちら

タイトルとURLをコピーしました